matt
このサイト『高反発マットレス比較ランキング』では、高反発マットレスを探されている方のために、2016年現在で人気のある高反発マットレスを比較し、ランキング形式で紹介しているサイトです。

高反発マットレスと一つにいいましても、ニトリや西川産業など、
非常に多くの会社が販売しているため、また、価格も効果である場合が多いため、はじめて高反発マットレスを購入しようとする方にとっては、
選びにくいということがあります。

このサイトでは、そんな数多くある高反発マットレスの中でも、人気があるものを比較し、ランキング形式で紹介していますので、あなたの高反発マットレス選びの参考にしてみるといいでしょう。

 

<高反発マットレスランキング第5位>

rnk_91341
高反発マットレスランキング、第5位は『スリープル(SLEEple)』です。
こちらは、楽天市場で人気のある高反発マットレスです。
特徴としては、価格も高くなく、標準的な商品で誰にでもおすすめ出来るということがあります。

スリープル(SLEEple)はこちら

 

 

<高反発マットレスランキング第4位>


第4位は『AiR01』です。
この「AiR01」はマットレスで有名な西川産業の高反発マットレスです。
たしかに、価格は38000円前後と高反発マットレスとしては、
ちょっと高いのがネックですが、それでも、西川のマットレスということで、高反発マットレスを検討されているのでしたら、外すことができない商品であると言えるでしょう。

AiR01はこちら

 

 

<高反発マットレスランキング第3位>

ddd
第3位は『マックスシェアの高反発マットレス』です。
この商品は、特に名前がないみたいなので、
販売店の名前をとって『マックスシェアの高反発マットレス』としました。
この高反発マットレスの特徴は価格プラス評判が良いことです。
価格も安いため、とりあえず高反発マットレスを試してみたいという人は
こちらの商品がおすすめです。

マックスシェアの高反発マットレスはこちら

 

 

<高反発マットレスランキング第2位>


第2位は『セルプール』です。
このセルプールは、ヨーロッパ最大級のウレタン発泡メーカー「ユーロフォーム」と
セルロース繊維のリーディングカンパニーである「レンチング社」による共同開発によりつくられました。
現在特許申請中であり、3年間の保障もついています。

セルプールはこちら

 

 

<高反発マットレスランキング第1位>


高反発マットレスランキング第1位は、『モットン』です。
このモットンという高反発マットレスは以下のような特徴があります。

《モットンの特徴》
・自然な寝返りをサポートする反発力があります
・体圧分散に優れ、腰への負担を最大限に軽減します
・8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性があります
・通気性が良く、蒸れにくい
・ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心です
・思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地です

モットンは主に睡眠に問題がある・腰痛に悩んでいる方に選ばれており、
満足度も94パーセントある人気の高反発マットレスです。

モットンはこちら

 

 

 

 

【高反発マットレスのメリット】
睡眠の質が良くないと、朝の目覚めも良くないものです。
そんな人にぜひともおすすめしたいのが高反発マットレスなんです。
高反発マットレスには人間の理想の寝相を維持してくれるというメリットがございます。
これは布団にはないメリットです。
睡眠時は背骨がs字になった状態が理想とされています。
人は寝ているときに30回ほどの寝返りをうちます。
寝返りをうつことで、体の姿勢は横向きになることが多いのですが、
このときでも背骨をまっすぐの状態にしてくれるのが高反発マットレスです。
そのほかにも、高反発マットレスは、適度な硬さのあるものが多いため、寝返りもうちやすいのもメリットになります。
また、高反発マットレスは低反発マットレスと比べて、通気性や耐久性が優れているものが多いんです。
高反発マットレスは毎日使っていても、へたりが少なく、耐久性が高く作られています。
低反発マットレスは使い続けるとどうしてもへたってきますが、高反発マットレスなら、長く使っていてもへたることが少ないんです。
そのほかにも、高反発マットレスは、たとえ湿気が多くてもダニやカビが発生しづらくなっています。
【高反発マットレスの耐久性】
高反発マットレスの特徴のひとつに耐久性が優れていると言うものがありますが、
耐久性が優れているというだけでは、いまいちです。
何がいまいちなのかというと、高反発マットレスは耐久性のほかにも、通気性がよいものを買わなければならないからです。
通気性の悪い高反発マットレスだと、すぐにカビが生えてしまったり、ダニの温床になったりしてしまうんです。
また、そのほかだと、腰痛か依然として高反発マットレスを買おうと思っているのでしたら、
ある程度の高さがあるマットレスを選ぶようにしましょう。
どれくらいの高さが必要なのかと言うと、だいたい10cmくらいあるものを選ぶようにするとよいでしょう。

 

【高反発マットレスの特徴】
最近寝具業界で「高反発マットレス」が注目されています。
この高反発マットレスはどんなものなのでしょうか???
マットレスには低反発マットレスと高反発マットレスの2種類があります。
この内、低反発マットレスはよく使われているマットレスになります。
低反発マットレスは一般的に反発力が低く、上に乗るとゆっくり沈み込むという特徴があります。
ですから、寝たときにやわらかくて気持ちがいいのですが、沈んだところが復元しないので、体に負担がかかりやすいといわれています。
一方で、高反発マットレスは上にものをのせるとゆっくり沈むのが特徴です。
高反発マットレスは、反発力に優れているため、睡眠中でも理想的な睡眠姿勢のたったままの姿勢で寝ることができるんです。
高反発マットレスは沈みすぎることがないため、腰などにも負担がかかりにくく、
腰痛を持っている人に向いているんです。
また、高反発マットレスはへたりにくく耐久性が高いという特徴があります。
ですから、低反発マットレスよりも、長く使えるというのも重要な利点になります。
へたりにくいというのは具合的にいうと、なんかいも洗濯できるということをいいます。
マットレスは汚れやすいですから、これはうれしいですよね。