まずは高反発マットレスの硬さについてですが、高反発マットレスは、
低反発マットレスよりも少し硬いものが多いんです。もちろんものによって違います。
硬いと言いましても、人の睡眠姿勢にあわせてつくっていますため、その硬さは不快なものではありません。
例えば、睡眠中は横になって寝るため、低反発マットレスは体が沈むため、体が曲がってしまうんです。
しかしながら、理想的な睡眠姿勢は背骨がまっすぐになった状態のため、
多少硬い高反発マットレスのほうが理想的な状態で睡眠ができるのです。
その上、反発が高いほうが寝返りをうつのにも最適なんです。
人は睡眠をするときに、30回~40回ほどの寝返りをうつといわれていますが、
このとき、マットレスの沈みが腰や肩に負担をかけるといわれています。
これは特に腰痛のある人は注意したほうがよいでしょう。
その他のマットレスの特徴としましては耐久性があげられます。
これも製品しだいで一概にはいうことができないのですが、
一般的には低反発よりも高反発マットレスのほうが耐久性に優れたものが多いんです。
ここでいう耐久性とは、マットレスの復元性のことをいいます。
長期間マットレスを使っていますと、寝ている箇所が少しずつ沈んでいくんです。
でも、耐久性に優れたマットレスですと、そういったことが少ないものが多いんです。
また、高反発マットレスは通気性にも定評があります。
マットレスはダニやのみがつきやすいことでも有名ですが、
通気性の高いマットレスだと、そういった心配が少なくて済みます。
さらに高反発マットレスのメリットとしては、選択のしやすさも特徴のひとつです。
選択がしやすいため、ダニやのみがつきにくいといわれています。

そんなわけで、高反発マットレスの比較はこちら

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.