最近よく聞かれることに低反発マットレスと高反発マットレスの違いがあります。
一般的には高反発マットレスも低反発マットレスもそれぞれ長所と短所があります。

もちろん、どちらも睡眠の質を高めるのですが、使う人によっては、
身体によくない影響を与えることにもなってしまいます。

例えば、低反発マットレスは眠り心地がよいことが最大の特徴となっているのですが、
眠り心地を重視するあまり、身体に負担がかかることが多いんです。

これは低反発マットレスが、やららかいということに由来しています。
マットレスがやわらかいと身体が沈み込むことになります。
そうなると背骨に負担がかかり、翌朝、腰痛に悩まされるといいうことになるのです。
ですので、もし低反発マットレスで腰痛になるというのでしたら、
低反発マットレスではなく、高反発マットレスを使うのがおすすめです。

高反発マットレスは、文字通り、反発力が高いのが特徴ですが、
背骨に負担がかかりにくいため、腰痛を持っている人にはおすすめなんです。

高反発マットレスは価格が低反発マットレスよりも高いのですが、
人間の睡眠時間は1日のうちの3分の1を占めていますので、
もし腰痛が酷いのでしたら、高反発マットレスを使ってみるのもよいでしょう。

そんなわけで、高反発マットレスの比較はこちら

 

床に布団は敷かないほうがよい???

畳じゃなくてフローリングのご家庭ではベットじゃなくて、
床に直接布団を敷いて寝るというご家庭も多いと思います。ですがこれはあまりよいとはいえません。床に布団を敷くのは簡単ですぐにできる反面、
長く床に布団を敷いたままですと、フローリングにカビが生えてしまうことがあるのです。
これを解決するには、ベッドを買うしかないと思われがちですが、
そうではないよい方法があります。

ベッドのほかに、「すのこ」を使うという方法もあります。
すのこはベッドよりも安いですし、使い方も布団と床の間に敷くだけですから、
とっても簡単です。
寝心地もベッドほど変わりませんから、かび対策として非常におすすめです。